トラックの代名詞

ダットというトラックを作ったのは、橋本増治郎という人物です。
彼は、アメリカで蒸気機関のメーカーに勤め、日露戦争前に帰国しました。
1911年には自分の工場を持ち、自動車修理の仕事をしながらエンジンの開発に乗り出します。
資金難に苦しみながらも、翌年には試作機であるダット1号を完成させたのです。
10馬力エンジンとホイールベース2003mmという小型機でしたが、これを足掛かりに次々とトラックの製作を続けます。
石川島自動車製作所と同様に、橋本も資金援助を求めて軍部の規格に合わせたダットを開発しました。
1927年、ようやく正式に認定されると、軍部の後押しもありダット自動車製造を立ち上げます。
軍用トラックの開発は、資金集めとの戦いでした。
当時は自動車が一般まで普及しておらず、庶民が手を出せるような値段ではなかったのです。
これまでご紹介してきた3社は、いずれも経営に行き詰ります。
3社がバラバラに生産するよりも、協力してより上質なトラックを開発しようという試みが行われました。
東京瓦斯、石川島、ダットの得意分野を組み合わせて出来たトラックが「いすゞ」です。
トラックで有名ないすゞという社名はここから来ています。
このとき作られたTX40型トラックは、戦後までいすゞの主力として活躍します。
3社はこのトラックの成功もあり、1932年から合併協議を開始したのです。
はじめはダットと石川島が合併して「自動車工業」となります。

そこへ東京瓦斯電気が合わさって「東京自動車工業」に生まれ変わりました。
東京自動車工業がいすゞと名乗るのは、戦後に入ってからのことです。
こうした歴史に裏打ちされた技術力の高さから、現在の中古トラック市場でもいすゞの人気は高いのです。