各社各様の発展

TGEとは、東京瓦斯電気興業自動車部の略称になります。
その名の通り、もともとはガス電気器具の生産を主としていました。
第一次世界大戦の最中、社長の松方五郎は日本自動車に勤務していた星子勇を招いて自動車製造を開始します。
1919年には、4トン積み制式自動車の試作を終え、軍部の試験に合格しました。
同年には、アメリカから輸入したトラックを参考に、
ライブシャフトとソリッドタイヤを装着した1,5トン積みトラックを製作し、軍事自動車保護法の認定を受けます。
この成功から、東京瓦斯電気が生産した自動車をTGEと呼ぶようになったのです。
一次大戦後のシベリア出兵では、TGEトラックが活躍しました。
外国のトラックに負けない機動力と耐久力を示したことは、東京瓦斯電気にとって大きな成果です。
1930年にはL型といわれる機体が完成します。
これには、航空機用エンジンを搭載していました。
L型をベースとしてさらに3台のトラックが誕生します。
6輪式のN型、6気筒エンジンを兼ね備えたQ型、1トン積みのO型は1930年代初頭に続々と生産されました。
トラックの技術を応用して、山間部へと人々を運ぶバスも開発します。
鉄道省の管轄であったバス事業は、認定試験が厳しいことで有名でしたが、TGEは見事に突破しました。
スミダを開発したのは、石川島自動車製作所です。

もともとは、江戸時代に造船所として開業しました。
一次大戦での特需の後、造船業は衰退すると睨んだことから自動車生産をスタートさせます。
手始めにイギリスのメーカーと提携し、技術とノウハウを学んで行ったのです。
海外から中古のトラックを輸入するというそれまでのスタイルから脱却したい日本政府の要請に応えようとしたのです。